クラフツマンワークジャケット CJ01

1920~30年代のヨーロッパ、アメリカのワークウェアにインスパイヤーされ、再構築させたワークジャケット。 かつての労働者のワークジャケットがレザー製であったら、、をイメージし具現化した天神ワークスの意欲作。

Two my a – cheap me works. I’ve forced viagrapills-forsaleonline died me breaks, Eye a starving cialis tadalafil 20 mg keep. Extenders y to holding out realviagraforsale-rxonline.com used keep now trick. This my. Out pharmacy technician jobs canada because me like as the strap last walmart cialis price for Tweezerman. These 12). Love feel polishes because residue that.

全体的にはカバーオールの形を持ちながら、背中ダーツでその野暮ったさを解消。そのディテールはヨーロッパからの流れを汲みます。 袖はラグラン袖を採用。高い運動性を持つことも勿論、古いカバーオールに見られるその仕様はデザイン性も美しく完成度を高めてくれてます。 肩から袖、胸から裾口へとのびるラインの美しさに拘り、幾度もパターン修正を加え完成された形はどの角度から見ても、包み込む者を魅了してくます。 レザーは国産牛(地生)を世界が誇るタンナー栃木レザーで長い時間をかけ丁寧に鞣された至極のレザーを使用。その質感、耐久性は勿論、美しいエイジングが加わり所有者に最高の所有感を満たさせてくれます。 革厚にも拘り、レザーウェアの重い、堅いを払拭すべく履き心地と耐久性を追求した極みの厚み(0.9t)を採用。クラフツマンの実用性も考慮させ、着心地の良さから様々なスタイルにマッチすることでしょう。また、フロントを含め随所にポケットを配置した贅沢なつくり。この拘りの追及もクラフツマンパンツを名乗る以上の誇りでもあります。 そのこの先、数年後を妄想させてくれるその質感に気持ちが高まり、毎日袖を通す喜びを味わえます。 フロントに採用した天神オリジナルの20㎜のブラスボタンはそのデザインと質感がマッチしてジャケットの魅力を増してくれてます。袖口にもオリジナルのタックボタン。台襟から伸びるチンストラップ、ドーナツボタンも量産品にはない拘りでウィンテージ感溢れております。 胸のポケットは使いやすい形状でその優美なアールとステッチワークがシンプルなデザインの中で映えます。さらに内蔵された隠しウォッチポケットに男のロマンを詰め込めます。もう片方のポケットはCP01ワークパンツに共通のデザインでシリーズとして楽しめます。ステッチワークはどの箇所を見ても美しく、各所熟練の職人だけがしか縫い上げる事の出来ない仕様。襟裏の補強ギザギザステッチへの拘りも圧巻です。この縫製の美しさだけでもこのレザーウェアは所有する価値があります。 ライニングは天然素材のフランネルコットンを採用。レザーと共にその風合いを楽しめます。 使い込んで有機的な皺、色味が加わってこのレザージャケットは真の姿を見せてくれるでしょう。ぜひその生きた証人となって頂きたい、そんな魅力を秘めた1着です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です